最終更新:

フランス・地元おすすめのテーマパークNigloland(ニグロランド)

カテゴリー レジャー0件のコメント

フランスのテーマパークといえば、一般的にはディズニーランドやアステリックス・パークが知られていると思うけど、ホンゴがホームステイさせてもらったご家族によると、Nigloland(ニグロランド)も負けず劣らず面白いそう。

実際ホンゴウもご家族と一緒にNigloland(ニグロランド)へご一緒させてもらったんだけど、すごく面白かったので紹介します。

Nigloland(ニグロランド)とは

39のアトラクションを兼ねそなえたフランスのテーマパーク。
30年以上の歴史を誇る、森とクマとアトラクションをうまく組み合わせ、大人も子供も楽しめる施設。

Nigloland(ニグロランド)へのアクセス・営業時間・駐車場

Accueil

住所:NiglolandD619、10200 Dolancourt
車:パリから約230km、2時間半。
電車:Vendeuvre-sur-Barse駅から徒歩10分。
バス:夏季のみTroyes駅からKéolisが運行。
営業時間:10:00-19:00
TEL:+33 3 25 27 94 52
駐車場:無料
Instagram:https://www.instagram.com/nigloland_officiel/
Facebook:https://www.facebook.com/Parc.Nigloland/
Youtube:https://www.youtube.com/user/niglomember
Twitter:https://twitter.com/nigloland?lang=fr

Nigloland(ニグロランド)の料金

大人 32ユーロ
子供 29ユーロ
1m以下の子供 無料
障害者 29ユーロ
60歳以上のシニア 29ユーロ
2日間パス 55ユーロ
年間パス 72ユーロ

2019年6月時点 1ユーロ…約122円なので、大人4,000円です。
TDLやUSJと比べると、全体的に非常にリーズナブルでしたが、観光客では障害者やシニアは適用されませんでした…残念!

ベビーカーも5ユーロでレンタル可能

1日5ユーロでレンタル可能。
ベビーカーにはナンバーを割り振られた旗がついているので、他の人のと間違えないようになっています。

コインロッカーは3ユーロから

1日3ユーロでコインロッカーが利用可能で、支払いはクレジットカードのみ。
幅30.5cm、高さ48.5cm、深さ55cmまでなので、預けるならコンパクトにまとめて持っていこう。

キャンピングカーも8ユーロで駐車可能

8ユーロで場所・水道・電気を利用できるうえ、Hôteldes Piratesのレストランで食事をすれば、その8ユーロ返却されます。
日本のテーマパークも高く料金を取るんじゃなくて利用しやすいようにしてほしいですね!

ホテルは78ユーロから

Nigloland(ニグロランド)にはホテルもあり、78ユーロから宿泊できます。

  • 2名用ダブルベッド2台(ベッド追加可能)、
  • バスタブ付きのバスルーム
  • ヘアドライヤー
  • トイレ別、
  • 液晶テレビ画面、外国チャンネルを含む33チャンネル、
  • 無料Wi-Fi回線
  • エアコン
  • 2つの部屋には、バスルームが整った状態で移動が困難な人が利用できます。
聴覚障害2級のDeaf(デフ・難聴)で国際手話を勉強中。
フランスへは過去4回訪問しており、そのうち3回はひらのたけしさんの田舎宿に宿泊、フランス・シャンパーニュの田舎の魅力に取りつかれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です