2020年 3月12日〜19日フランス田舎グループ旅:参加者募集

田舎宿

初めて海外でノマドしたい人、フランス・シャンパーニュアルデンヌへAllons!

旅行パッケージじゃない旅や、初めて海外でノマドをしたい方!

※ノマドとはPCひとつでどこでもお仕事できるお仕事スタイルのことです。

フランスの北東にあるシャンパーニュ・アルデンヌを何度も訪問、田舎宿で暮らした経験を持つDef-Bonと一緒に旅しませんか?

2020年は3月12日発〜3月19日帰国のプランで、フランス・シャンパーニュアルデンヌの田舎宿でのんびりノマド活動を楽しんで頂けます。

レンタカー利用方法、SIMフリー購入方法など海外ノマドとして必要なことをレクチャーさせていただきます。

この旅を機に、みなさんの海外ノマド生活が将来にわたって充実できるキッカケになればすごく嬉しいです!

皆さんのお申し込みをお待ちしております!(^^)

Def-Bonについて

Def-Bon(本郷 宏明) 、奈良県在住のDeaf(難聴)です。

ノマドワーカーとしてECショッピングサポートと構築をはじめとしたWEBサービスや、フォトグラファー、ドローンパイロットを生業にしています。

ネット回線があれば世界のどこでも仕事ができることから、フランス・シャンパーニュ・アルデンヌの田舎は2016年5月に初めて訪れて以来、毎年訪問しています。

同じノマドワーカーやDeaf環境の方と関わりある方、ご興味を持たれた方へフランス・シャンパーニュアルデンヌの田舎暮らしの魅力を伝え、共に行くことを目指しています。

Def-Bon(本郷 宏明)の個人サイト
Deafが暮らしたフランスの田舎
Deafでも完走できるホノルルマラソン攻略
ネトビジ!

2019年 フランス・シャンパーニュの田舎で2週間暮らした印象:談話動画

2019年フランス田舎暮らしを2週間過ごした談話動画です。(フランス田舎宿で撮影)
Def-Bonってどんな人?って気になる方は、上記サイトや動画で雰囲気をご覧ください。

2020年フランス渡航日程

2020年3月12日(木)〜19日(木)

1日目 入国日(午前中着・TGV切符購入レクチャーあり)
2日目 ノマド日・村周りの散策(ローラさん実家と交流・ノマド日)
3日目 ノマド活動レクチャー・アクティビティ(乗馬 or カヌー)
4日目 遠出(アルザス・宿泊はAirbnb)
5日目 遠出(アルザス帰宅)
6日目 ノマド日・お土産購入など自自由時間。(ノマドワーク日)
7日目 帰国日

※初日と最終日はフライト日に相当します。
※出国日はシャルル・ド・ゴール空港でプラカードを掲げてお迎えさせていただきます。
※ホテルの部屋は3部屋になり、人数によっては同室をお願いする場合があります。

申込締切

2020年1月20日まで。

参加者4名で決行します。

※募集人員が満たない場合はDef-Bon単独でフランスを満喫致します。

申し込み後の流れ

2020年1月20日までに参加者4名が確定すれば、下記の流れになります。

  1. 申込後、MailやLineなどでDef-Bonから折返しご連絡いたします。※まだ飛行機のチケットは購入しないでください。

    ⬇ 
  2. 2020年1月20日にあらためて開催の決行可否をお知らせとあわせて、宿・レンタカーの手配を行います。

    ※この日以降、キャンセルされる場合、宿・レンタカーのキャンセル代(115,000円)はお支払いいただきますので、くれぐれも日程にご注意ください。

    ⬇ 
  3. 全員のご都合が良い日に、近場もしくはビデオ電話などで一同顔合わせを行います。

    ⬇ 
  4. シャルル・ド・ゴール空港3月12日午前着〜3月19日午後発の飛行機チケットをご自身でお手配いただきます。
     

    フランス往復6万円!飛行機チケットを安くGETする方法も、参考になさってください。※空港から宿の往復は全員で移動するため、飛行機の発着時刻はできるだけ全員と合わせてください。

    ⬇ 
  5.  3月12日、シャルル・ド・ゴール空港でDef-Bonと合流、フランス田舎旅が始まります!※空港に到着後、Def-Bonとの合流方法は後日ご説明いたします。

▼▼▼ 最重要!必ずご確認ください!▼▼▼

参加人数が制限に達し次第、参加者へは個別ご連絡をさせていただきますので、飛行機チケット手配は2020年1月20日以降の連絡受け取り後にお手配をお願いいたします。

参加者条件

  • フランスの飛行機往復予約がご自身でできて、田舎町をのんびり楽しむなど、色んなことに挑戦したい方であればどなたでもご参加可能です!

 

  • Deaf(難聴)なので、話し手の唇を読んで話を理解しています。
    聴き取りにくい場合は何回か聞き返すことがありますので、ご理解をいただければ助かります。
     
    また話言葉にどもり・吃音ありますがコミュニケーション可能レベルですのでご安心ください。
    (通じない場合はお手数ですが、筆談をお願いいたします。)

田舎宿の詳細

https://youtu.be/8hL-VPzPPm8

山田さんによる宿泊ホテルのガイドです。
宿泊するホテルが気になる方は、動画で詳しく説明していますので、参考になさってください。

※宿の部屋は3部屋のみなので、4名のうち一組は同室をお願いすることになりますこと、ご留意ください。

もっと田舎宿の詳細について知りたい方は下記に詳しくまとめています。
田舎宿の紹介はこちらから>>>

Def-Bonの旅日程(予定)

初日

初日=入国日は移動になります。
シャルル・ド・ゴール空港で皆さん集まってからレンタカーに乗ってから行動します。
宿でフライト疲れを癒やしてゆっくりお休みください。

https://youtu.be/H0lcsRNp1GY

空港から田舎宿に向かっている風景などなど。

2日目

ひらのさんの奥様、ローラさんの実家周り。
こんなに広大な景色を見られるのも、フランスの田舎ならではです!

https://youtu.be/Xe8yfUSxsHA

シャンパーニュ・アルデンヌの田舎ってこんなとこですよってPV動画です。

3日目

シャンパーニュ・アルデンヌの宿でノマドします。
田舎なのでWi-Fiは日本に比べると快速ではないですが、ひと通りの作業をこなせます。

https://youtu.be/-TU_gZkozF0

毎朝の朝食はこちらのパン屋さんで調達しています。

https://youtu.be/DwhsrEmg55I

宿の近くで乗馬できるので是非トライしてください。

4日目

シャンパーニュ・アルデンヌ田舎宿から車で3時間半〜4時間かけてフランスで一番美しい村、「アルザス地方」に向かいます。

色とりどりの花とパステルカラーの建築物との融和という、田舎宿とはまた違うフランスの世界観をお楽しみください。

https://youtu.be/RjqR-kvqH50

アルザスの美しさがわかる動画です。

5日目

翌日もアルザス地方のリクヴィールを中心に回っていき、夜前には宿へ戻ります。

余談ですが、神戸・三宮で開催したフランス田舎写真展もこのリクヴィールで撮影しましたので、撮影やYoutube動画配信などSNSをやられる方にはピッタリの場所と思います。

6日目

田舎宿近くにスーパーがありますので、日本へのお土産購入にご利用ください。
※空港で容量オーバーにならないようご注意ください。

最終日

最終日は帰国日のため終日移動になります。
紛失・忘れ物がないよう、お気をつけてください。

Def-Bonのお手伝い内容

  • レンタカーの手配及び運転
  • フランスのSIMフリー「Free」の手配(設定対応含む)
  • 各地へのご案内
  • 食料などの買い出し

Def-Bonがノマドや作業など集中できる環境作りをご対応させていただきます。

※買い出しによる費用などは現地でお支払いください。
※その他希望についても事前にご相談いただければ、出来る限り頑張ります。

注意事項

海外では日本の常識があてはまりませんので、盗難・事故などには自己責任となります。各自で海外保険やクレジットカード会社などのご連絡先は各自で必ず確保ください。

旅にかかる費用

飛行機往復(各自手配) 最安値は70,000円(税別)ほど
1週間宿泊(1人) 670€(税込み)(80,000円ほど)
※現地ユーロ決済
レンタカー費用(1人) 35,000円ほど(税込)
手配車により料金変動
※現地円決済
交通費・高速・ガソリン代(1人) 35,000円(1week/1人)
※現地円決済
アクティビティ費用 ノマド日・お土産購入など各自自由時間。
(ノマドワーク日)

※お土産などご自身で購入されるものは含みません。
※レンタカー手配のためトランクケースの大きさ・個数は事前に必ずご連絡ください。
※旅行業ではないのでアテンド代を別途いただくことはありません。

必要なもの

  • パスポート(有効期限は旅行日程以上か、必ず確認してください)
  • クレカ最低2枚必須(海外保険加入推奨)
  • 現金決済で必要な円とユーロ現金。
  • 防寒具や防寒着、動きやすい服装・靴など
  • 簡易日本食(必要な方)
  • マイバッグなど買い物袋(フランスでは買い物袋は有料です)

Def-Bonが訪れた主な海外

フランス・イタリア・オランダ・タイ・フィリピン・台湾・韓国・フィジー・ハワイ

英語力はある程度のリーディングと基本英語レベルぐらいで、あとはノリで乗り切るもなんとかなっていることから、同じタイプである出川哲朗を心の師匠としています。

ぜひお気楽にお声掛けくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました