最終更新:

フランスでSIM(シム)フリーを買うなら田舎でも使える「free」カードがオススメの理由とまとめ

カテゴリー 0件のコメント

2018年5月17日〜30日フランスにいました。
問題となったのが、フランスの田舎・シャンパーニュ地方でのネット環境。

過去2回にわたってひらのさんの田舎宿に同行させていただきましたが、本人も認めているように、お世辞にもネット回線は良いとはいえませんでした。

たとえばiPhoneで撮った写真をDropboxなどクラウドなどにUPしても、一晩放置したのに50枚程度しか終わってなかったとなれば、いかに回線が遅いか想像しやすいと思われます。

そんな通信環境だから、すこしでも早いネット回線を利用したいのは当然の心理。
ということで今回あらためてSIMフリーを比較・購入しました!

SIMフリーのメリット・デメリットについて

SIMフリーとは、日本ではかって大手キャリア(MNO)であるdocomo、au、softbankの3社で契約した携帯電話・スマートフォンは契約した会社でしか使用できないため、他社への乗り換えが厳しかったもの、2015年5月より携帯電話・スマートフォンのSIMロック解除が義務化されると、格安SIM業者(MVNO)が続々と登場、docomo(ドコモ)やau、SoftBank(ソフトバンク)以外の通信会社が次々と名乗りをあげてMNO乗り換えが簡単となり、結果通信費を格安に抑えることができるようになりました。

SIMフリーのメリット

  • より格安のMNOと契約できる
  • 海外でSIMカードを差し込めば日本と同じように電話・ネットが利用できる

SIMフリーのデメリット

  • MNOによっては安い反面回線が非常に遅いこともある
  • SIMフリーによっては初期費用がかかる場合あり

「free」と「AIS SIM2Fly」どちらがオススメ?

購入の手軽さならAmazonで購入できるSIMフリー「AIS SIM2Fly」

海外でのSIMフリーを使用する時は大抵現地のショップで行う事が多いけど、手続きが面倒くさかったりします。

その点「AIS SIM2Fly」は日本のAmazonで購入できるし受け取りができるので、現地でSIMカードをそのまま差し替えれば、あっというまにWEBが利用が可能でした。

LTE100GBが使えるSIMフリーを使うならフランス現地で購入できる「free」

freeは現地であるフランスで購入する必要があり、SIMフリーの自動販売機があるので、ショップの店員と面倒なやり取りをしなくてもSIMカードを購入できるんだけど、自動販売機ではじめて購入される方は非常に戸惑うと思われます。

SIMフリーの購入方法についてはBAOさんのブログに詳しく書いてあるので省きますが、リンク先の手続きどおりで発行できました。

フランス最強? LTE100GB使い放題のfree Mobileを体験

「free」のメリットはたくさんありますが、まとめると

  • LTEが100GB分使える
  • フランス国内での通話が無料
  • SMS(ショートメッセージサービス)とMMS(マルチメディアメッセーシングサービス)が無料
  • フランス国外のヨーロッパでは25GBのローミングが可能

「free」の一番の問題は購入できる店舗が少ないこと。次に店舗までのアクセスが面倒なことで調べるだけでも相当時間を取られること。

たとえば空港からRER(フランスの電車)や地下鉄の乗り方、切符の買い方、店舗までの道順検索、バスの乗り方などを事前にWEB調べるも、情報が古くて試行錯誤したり。

その結果、パリ市内での交通移動はある程度の自信がつきましたが、正直こんなに時間をかけるぐらいなら「AIS SIM2Fly」でもうエエやん!と気持ちはアンビバレントw

フランスの地方・田舎で「free」と「AIS SIM2Fly」の回線速度を比較してみた

上記にそれぞれの長所・短所を書いたけど、冒頭で述べたフランス・シャンパーニュの田舎でも使えるのかどうか、それが今回のキモ。
ということで、それぞれの回線速度を比較。

AIS SIM 2Fly

free

どちらも4G回線が使えず3G回線に切り替わったのですが、単純に計算してダウンロードで10倍、アップロードで12倍の差!
同じ3G回線でもここまでの差があると、速さの体感も段違い。

オマケ:ホームスティ先のWi-Fi回線速度

フランス最大手の回線業者である「Orange」ですが、PING(サーバの応答時間のようなもの)・ダウンロード・アップロード速度いずれも「free」のほうが早いですね。

freeのSIMフリー差し替えについて

ひらのさんのSIMフリー、AIS 2flyはTwitterなどのSNSを駆使していたため、フランス滞在のかなり早い時期に4GBの容量制限に差し掛かっていました。

一方の私は一足先に帰国するけど、freeのSIMフリーは100GBなのでまだまだ容量が残って利用可能だったので、ひらのさんに差し上げることにしました。

問題はそれまで使っていたSIMフリーを他の人のに差し替えて使えるのかどうかでしたが、結果からいえば使えました。

問題があるとすれば電話でしょうか?
私はDeaf(デフ・難聴)なので電話は使わなかったのですが、もし他の人のSIMフリーと交換したらどういう影響を受けるのかはわかりません。
(例)LINEが使えなくなるなど

ただSIMフリーを交換できるということは、例えば夫婦同士でデザリングして使っていて、一方が帰国することになっても、SIMを片方に渡せば残った方は問題なくネットを使えることになります。

このことから今後帰国する人にSIMフリーを譲って(売って)もらえば、問題なく使用できるという裏技発見ですね。

フランスの地方(田舎)でも使えるSIMフリーまとめ

いかがでしたでしょうか。
パリなどの主要都市であれば回線の速さは遜色ないのですが、フランスの田舎でも回線速度が早くて大容量のLTEを使える「free」に軍配が上がるでしょう。

回線が早ければGoogleナビやSNSなども気軽に利用できますね!

聴覚障害2級のDeaf(デフ・難聴)で国際手話を勉強中。
フランスへは過去4回訪問しており、そのうち3回はひらのたけしさんの田舎宿に宿泊、フランス・シャンパーニュの田舎の魅力に取りつかれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です